障がいのある方に関すること

虐待に関する相談をしたい

豊岡市障害者虐待防止センター
障がい者の虐待に関する早期発見と敏速な対応を行うため、通報、届出受理を行っています。また、虐待防止に向けた啓発なども行っています。
「虐待される人」「虐待をしてしまう人」の両方を救うための相談窓口になります。
虐待につながる要因には、介護疲れや障がいへの知識・理解不足、人間関係など様々なケース があります。
障がい者の虐待に気づいたら、すみやかにご連絡を!
※ご連絡いただいた方の秘密は守られます
こんな事が障がい者虐待にあたります
身体的虐待
・手で殴る
・足で蹴る
・縛りつける
・不要な薬を飲ませる
サイン
・身体に傷やあざ、火傷の跡
・急におびえたり怖がる
性的虐待
・障がい者に、無理やりわいせつなことをしたり、させたりする
サイン
・人目を避け、部屋に1人で居たがる
・傷におびえたり、こわがったりする
心理的虐待
・怒鳴る
・ののしる
・仲間に入れない
・無視する
サイン
・おびえる、泣く、叫ぶなどパニックを起こす
・攻撃的な態度
放棄・放任
・十分な食事を与えない
・不潔な住環境で生活させる
・必要な医療や福祉サービスを受けさせない
サイン
・栄養失調
・学校や職場に出てこない
・体から異臭や髪、爪の汚れなど、衛生状態が悪い。
経済的虐待
・年金や賃金を渡さない
・勝手に財産や預貯金を使う
・日常生活に必要な金銭を与えない
サイン
・お金を使っている様子がない ・サービスの利用料や生活費の支払いができない
豊岡市障害者虐待防止センター 通報・相談窓口
(基幹相談支援センター)
〒668-0046 豊岡市立野町12-12 豊岡市立野庁舎内
TEL. 0796-26-6060
FAX.0796-26-6070
※24時間体制にて受付しております
Copyright © 2014 Toyooka City Council of Social Welfare . All Rights Reserved.