福祉のまちづくりに関すること

福祉委員・子ども福祉委員とは

福祉委員とは
身近な地域には、困りごとを抱えている方や、生活のしづらさを感じている方がおられます。福祉委員は、そのような個人の困りごとなどを地域の課題として考え、住民や区役員、民生委員児童委員などと共に、解決に向けて福祉活動を進めていく役割を担っています。
主な活動内容
困りごとの発見
地域に変わったことや困りごとがないか気にかけます。

地域活動への参画・協力
ふれあいいきいきサロン、地域行事等に協力し、日頃から住民とのつながりをつくります。

協力者の発掘
地域の困りごとを解決するための協力者を見つけます。

困りごとの共有・検討
困りごとの解決に向けて、住民同士で共有し検討します。
子ども福祉委員とは
豊岡市社協では、子どもたちが自分の住む地域や住民の生活に関心を持ち、地域の活動に積極的に参加していけるよう、小学校の協力により子ども福祉委員の取り組みをすすめています。
主な活動内容
  • ・あいさつ運動
  • ・地域活動への参加  
  • ・地域の伝統・文化を知る活動など
Copyright © 2014 Toyooka City Council of Social Welfare . All Rights Reserved.